神戸商工会議所

神戸商工会議所

事業&イベント報告
PAST INFORMATION

2019年2月19日 第4回特別公開セミナー「スポーツツーリズム推進とスポーツ実施率向上の可能性」

スポーツツーリズムに関する特別講演や、今年度実施した調査報告を通じて、神戸におけるスポーツツーリズム推進とスポーツ実施率の向上について考える機会としました。

テーマ

スポーツツーリズム推進とスポーツ実施率向上の可能性
-神戸のスポーツ産業規模拡大に向けて-

日 時

平成31年2月19日(火)15:00~17:15

場 所

神戸商工会議所3階「神商ホールA」

内 容

1.開会挨拶
神戸スポーツ産業懇話会 代表世話人 山口 泰雄 氏
2.特別講演「スポーツツーリズムの推進と今後の発展に向けて」
スポーツ庁 参事官(地域振興)付専門官 高下 栄次 氏
3.調査報告①「神戸におけるスポーツツーリズム推進の可能性」
流通科学大学 人間社会学部 准教授 山口 志郎 氏
(株)アシックス 秘書室渉外チーム 中村 優里 氏
4.調査報告②「スポーツ実施率・アクティブライフに関する実態調査の結果について」
兵庫県立大学 経済学部 准教授 伊藤 克広 氏
資料はこちら(PDF)
5.パネルディスカッション
「神戸のスポーツツーリズム推進とスポーツ実施率向上に向けて」
<コーディネーター>
神戸スポーツ産業懇話会 代表世話人 山口 泰雄 氏
<パネリスト>
スポーツ庁 参事官(地域振興)付専門官 高下 栄次 氏
兵庫県立大学 経済学部 准教授  伊藤 克広 氏
流通科学大学 人間社会学部 准教授 山口 志郎 氏

山口代表世話人による開会挨拶

【スポーツ庁 高下専門官】日本のスポーツツーリズムは外国人観光客からのニーズは高いと説明し、「神戸には山、海をはじめとした資源がたくさんあるので、これらを活用する余地は充分にある。一過性に終わるのではなく、粘り強く継続的にスポーツツーリズムの推進を進めてほしい」と今後の期待を語った。

【流通科学大学 山口准教授】沖縄空手国際大会の視察や六甲山、須磨海岸の現地調査、関係者との意見交換を通じ、今後の神戸におけるスポーツツーリズムに関して、「①六甲アイランドのランニングコース活用、②障がい者スポーツの推進、③スポーツ活用による須磨海岸の通年化利用の促進、④嘉納治五郎生誕地を活用した武道ツーリズムの推進をしてはどうか」と提案した。

【アシックス 中村氏】沖縄空手国際大会の視察や六甲山、須磨海岸の現地調査、関係者との意見交換を通じ、今後の神戸におけるスポーツツーリズムに関して、「①六甲アイランドのランニングコース活用、②障がい者スポーツの推進、③スポーツ活用による須磨海岸の通年化利用の促進、④嘉納治五郎生誕地を活用した武道ツーリズムの推進をしてはどうか」と提案した。

【兵庫県立大学 伊藤准教授】調査結果について、週1回以上のスポーツ実施率が41.8%と全国平均に比べて低く、『仕事』が推進上の課題であると説明。「次年度も定点観測を行う予定にしているので、調査結果をもとにした実証事業に取り組み、神戸におけるスポーツ実施率向上へと繋げたい」と抱負を述べた。

2019/02/15

2019年2月12日 第11回例会 「食」×「スポーツ」

第11回例会では、「食」×「スポーツ」に関連する3件の事例発表を通じて、ゴールデン・スポーツイヤーズに向けて、選手や観戦・観光客に対して、どのように食を提供していけるのかを考える機会としました。

テーマ

「食」×「スポーツ」
~ゴールデン・スポーツイヤーズに向けて、選手・観客に向けた食の提供を考える~

日 時

2019年2月12日(火)16:00~18:00

場 所

神戸商工会議所3階「役員会議室」

内 容

1.「する人・見る人への勝負メシ」
神戸女子大学 健康福祉学部 准教授 坂元 美子 氏(神戸スポーツ産業懇話会 世話人)
2.「委託給食会社としてのスポーツとの関わり」
エームサービス㈱ 公認スポーツ栄養士・管理栄養士 岩屋 佳代 様
3.「兵庫県で捕獲される野生鹿の利活用」
㈱メリケンヘッドクォーターズ 代表取締役 入舩 郁也 氏

【神戸女子大学 坂元准教授】アスリート向けの食事のとり方や内容、食べるタイミング等を説明し、「スポーツをする人だけでなく、見る人にも食の重要性を理解してもらい、実践することで、全力での応援へと繋げてほしい」と強調した。

【エームサービス 岩屋氏】プロスポーツチームやトレーニング施設での栄養指導の実績を紹介し、「国際大会の開催を控え、今後も需要が伸びてくることが想定されるので、引き続きアスリートサポートに取り組んでいきたい」と話した。

【メリケンヘッドクォーターズ 入舩氏】「鹿肉は牛肉と比較してカロリーや脂質が低く、鉄分が多く含まれているため、アスリート向けの食材として適している」と紹介し、今後一般の方も含めてもっと流通を広げていきたいと語った。

2018/12/14

2018年12月11日 第10回例会 「スポーツイベント」×「活性化」

第10回例会は、懇話会活動を広く知っていただくため、初めてオープン形式で開催。「神戸マラソン」や「企業交流運動会 in KOBE」の調査結果や参加企業の事例発表等を通じて、スポーツイベントを活用した地域や社内の活性化について考えました。

テーマ

「スポーツイベント」×「活性化」~地域活性化と社内活性化を考える~

日 時

平成30年12月11日(火)16:00~18:00、18:00~19:30(参加者交流会)

場 所

神戸商工会議所3階 「神商ホールA」(例会) 「第3会議室」(交流会)

内 容

1.「神戸マラソンと企業交流運動会 in KOBEを通じたイベント効果の検証」
流通科学大学 人間福祉学部 准教授 山口 志郎 氏(神戸スポーツ産業懇話会 世話人)
2.「神戸でのスポーツイベントが社内を活性化させる理由」
㈱フェリシモ 総務部人事労務企画グループ グループリーダー 東 良太 氏
3.「スポーツイベントを活用した企業間交流とスポーツの継続的な実施」
㈱アシックス 秘書室渉外チーム 鷲野 洋一 氏
4.「スポーツイベントをコンテンツとした企業ブランド価値向上」
㈱ロック・フィールド 秘書室広報グループ グループ長 正戸 雄二郎 氏
5.参加者交流会(有料)

〔流通科学大学 山口准教授〕神戸マラソンの調査研究結果から、「もっと地域を巻き込み、地域から愛されるイベントにした方が良い」と提案。また企業交流運動会は、全体として評価は高いとしたうえで、もっと他社との交流促進につながる仕掛けが必要と指摘した。

〔フェリシモ 東氏〕企業交流運動会が社内活性化に役立った理由について、「運動会という誰もが経験済のものであったこと、ノエビアスタジアムが会場であったこと」などを紹介。次の展開として、地元企業を企画段階から巻き込み、内容をさらに充実させてはどうかと提案があった。

〔アシックス 鷲野氏〕企業交流運動会、企業交流リレーマラソンに参加した社員からは、「Tシャツを揃えて参加したことで社員同士の交流が深まった」と紹介。また、他社との交流を促進・継続させる仕掛けを行うことで、ビジネスへの発展や地域活性化につながるのではないかと述べた。

〔ロック・フィールド 正戸氏〕神戸マラソン前夜のカーボローディングパーティやヴィッセル神戸プレミアム席でのケータリングについて紹介。「スポーツと食が融合することでコミュニケーションが活発になり、食の大きな可能性を感じている」と語った。

ディスカッションでは、山口代表世話人をコーディネーターに、スポーツイベントを地域・社内の活性化に役立てる方策等について、各事例発表者が自身のマラソン大会出場に基づく体験談を交え、意見交換を行った。

交流会では、日本酒で乾杯の後、ロック・フィールドより提供していただいた特別メニューやイニエスタワインを楽しみながら、活発な交流が行われた。