神戸商工会議所

神戸商工会議所

事業&イベント報告
PAST INFORMATION

CATEGORY

2019年4月16日 第5回特別公開セミナー「トップスポーツチームとの地域・企業連携の可能性」

当セミナーでは、神戸のトップスポーツチームであるINAC神戸レオネッサ(女子サッカー)、久光製薬スプリングス(女子バレーボール)、エレコム神戸ファイニーズ(アメリカンフットボール)をお招きし、各チームよりご講演いただき、地域・企業との連携の可能性を考察しました。

テーマ

トップスポーツチームとの地域・企業連携の可能性
-好循環を目指してー

日時

2019年4月16日(火)15:30~18:30

場所

神戸商工会議所3階「神商ホールA」(セミナー)「神商ホールB」(交流会)

内容

1.主旨説明「トップスポーツチームとの地域・企業連携の可能性」
神戸スポーツ産業懇話会 代表世話人 山口 泰雄 氏
2.講演
(1)「INAC神戸の取り組みについて」
㈱アイナックコーポレーション 取締役社長 安本 卓史 氏
(2)「久光製薬スプリングスの活動紹介」
久光製薬スプリングス 副部長 小早川 武徳 氏
(3)「エレコム神戸ファイニーズのとりくみ」
エレコム神戸ファイニーズ 監督 米倉 輝 氏
3.ディスカッション「地域・企業連携の可能性」
<コーディネーター>
神戸スポーツ産業懇話会 代表世話人 山口 泰雄 氏
<パ   ネ   リ   ス  ト>
㈱アイナックコーポレーション 取締役社長 安本 卓史 氏
久光製薬スプリングス 副部長 小早川 武徳 氏
エレコム神戸ファイニーズ 監督 米倉 輝 氏
4.参加者交流会
参加者:91名(交流会70名)

参加者

91名(交流会70名)

山口代表世話人による主旨説明

【アイナックコーポレーション 安本社長】女性と子供をターゲットにした観戦客増加に向けた施策やSNSを積極的に活用したプロモーション活動を紹介し、「ホームゲームの観客動員数No.1だけで満足せず、地元企業と連携して選手が勝つための環境づくりにも取り組み、各大会での優勝を目指したい」と力強く話した。

【久光製薬スプリングス 小早川副部長】バレーボール業界の最新動向として、スポーツビジネス化に向けたリーグ構想が進められていることを説明し、「ホームゲーム開催時には、地元企業と連携して魅力的なメニューを観客に提供し、企業スポーツからエンターテイメントへと脱皮を図りたい」と強調した。

【エレコム神戸ファイニーズ 米倉監督】神戸マラソン応援イベントへの協力やキッズチアスクールの運営など、地域連携の取り組みを紹介し、「地域や企業との連携をさらに深め、地元から応援されるチームづくりに励み、神戸から日本一の目標を達成したい」と今後の期待を語った。

【ディスカッション】地域・企業との連携への期待をテーマに意見交換し、「神戸にはトップスポーツチームが多いので、地域・企業との連携だけでなく、チーム同士がお互いのファン拡大に向けて連携を深めると大きなチャンスになるのではないか」などのアイデアが出た。

2019年2月19日 第4回特別公開セミナー「スポーツツーリズム推進とスポーツ実施率向上の可能性」

スポーツツーリズムに関する特別講演や、今年度実施した調査報告を通じて、神戸におけるスポーツツーリズム推進とスポーツ実施率の向上について考える機会としました。

テーマ

スポーツツーリズム推進とスポーツ実施率向上の可能性
-神戸のスポーツ産業規模拡大に向けて-

日 時

平成31年2月19日(火)15:00~17:15

場 所

神戸商工会議所3階「神商ホールA」

内 容

1.開会挨拶
神戸スポーツ産業懇話会 代表世話人 山口 泰雄 氏
2.特別講演「スポーツツーリズムの推進と今後の発展に向けて」
スポーツ庁 参事官(地域振興)付専門官 高下 栄次 氏
3.調査報告①「神戸におけるスポーツツーリズム推進の可能性」
流通科学大学 人間社会学部 准教授 山口 志郎 氏
(株)アシックス 秘書室渉外チーム 中村 優里 氏
4.調査報告②「スポーツ実施率・アクティブライフに関する実態調査の結果について」
兵庫県立大学 経済学部 准教授 伊藤 克広 氏
資料はこちら(PDF)
5.パネルディスカッション
「神戸のスポーツツーリズム推進とスポーツ実施率向上に向けて」
<コーディネーター>
神戸スポーツ産業懇話会 代表世話人 山口 泰雄 氏
<パネリスト>
スポーツ庁 参事官(地域振興)付専門官 高下 栄次 氏
兵庫県立大学 経済学部 准教授  伊藤 克広 氏
流通科学大学 人間社会学部 准教授 山口 志郎 氏

山口代表世話人による開会挨拶

【スポーツ庁 高下専門官】日本のスポーツツーリズムは外国人観光客からのニーズは高いと説明し、「神戸には山、海をはじめとした資源がたくさんあるので、これらを活用する余地は充分にある。一過性に終わるのではなく、粘り強く継続的にスポーツツーリズムの推進を進めてほしい」と今後の期待を語った。

【流通科学大学 山口准教授】沖縄空手国際大会の視察や六甲山、須磨海岸の現地調査、関係者との意見交換を通じ、今後の神戸におけるスポーツツーリズムに関して、「①六甲アイランドのランニングコース活用、②障がい者スポーツの推進、③スポーツ活用による須磨海岸の通年化利用の促進、④嘉納治五郎生誕地を活用した武道ツーリズムの推進をしてはどうか」と提案した。

【アシックス 中村氏】沖縄空手国際大会の視察や六甲山、須磨海岸の現地調査、関係者との意見交換を通じ、今後の神戸におけるスポーツツーリズムに関して、「①六甲アイランドのランニングコース活用、②障がい者スポーツの推進、③スポーツ活用による須磨海岸の通年化利用の促進、④嘉納治五郎生誕地を活用した武道ツーリズムの推進をしてはどうか」と提案した。

【兵庫県立大学 伊藤准教授】調査結果について、週1回以上のスポーツ実施率が41.8%と全国平均に比べて低く、『仕事』が推進上の課題であると説明。「次年度も定点観測を行う予定にしているので、調査結果をもとにした実証事業に取り組み、神戸におけるスポーツ実施率向上へと繋げたい」と抱負を述べた。

2018年10月9日 神戸スポーツ産業懇話会設立1周年記念特別公開セミナー「アクティブな社員が、会社を活性化する」

神戸スポーツ産業懇話会では、設立1周年を記念して「スポーツ実施率の向上」をテーマとした特別公開セミナーを開催しました。
スポーツ庁では、成人のスポーツ実施率を週1日以上が65%程度、週3日以上が30%程度となることを目指しており、当懇話会も実施率向上を成果目標の1つとしています。セミナーでは、スポーツ庁における取り組み紹介のほか、地元企業を交えたトークセッションを通じて、スポーツを通じた社員ならびに会社の活性化について考える機会としました。

日 時

平成30年10月9日(火)16:00~19:00

場 所

アリストンホテル神戸

内 容

1.開会挨拶
神戸商工会議所 副会頭 尾山  基 氏
(神戸スポーツ産業懇話会 会長)
2.報告「神戸スポーツ産業懇話会のこれまでとこれから」
神戸スポーツ産業懇話会 代表世話人 山口 泰雄 氏
(神戸大学 名誉教授)
3.講演「企業向けスポーツ実施率向上策」
スポーツ庁 健康スポーツ課長 安達  栄 氏
4.トークセッション「スポーツのチカラで社員をアクティブに!」
<コーディネーター>
神戸スポーツ産業懇話会 代表世話人 山口 泰雄 氏
<スピーカー>
スポーツ庁 健康スポーツ課長 安達  栄 氏
住友ゴム工業(株)スポーツ事業本部 企画業務部課長 平野 敦嗣 氏
ヤノ運動用品(株) 代表取締役 矢野 克幸 氏
5.参加者交流会

参加者

89名(交流会64名)

尾山副会頭は、開会挨拶で今後成長が期待されるスポーツ産業の現状について説明。また、来年から始まるゴールデン・スポーツイヤーズに向けて、まずラグビーワールドカップ神戸開催を成功させ、神戸の街を盛り上げていきたいと意気込みを語った。

山口代表世話人は、当懇話会設立からの活動状況について報告。また、次年度は、「スポーツスタート」をテーマに、神戸発祥のスポーツに焦点を当ててスポーツ実施者を増やしていきたいと抱負を語った。

スポーツ庁の安達課長は、スポーツ習慣の少ないビジネスマンのスポーツ実施率の向上に向けた取り組みとして、『FUN+WALK PROJECT』や『スポーツエールカンパニー』を紹介した。

トークセッションでは、住友ゴム工業の平野課長からはゴルフ人口増加に向けた取り組みの紹介、ヤノ運動用品の矢野社長からは「企業交流リレーマラソン in KOBE」(9月23日)の開催報告が行われた。その後、社員のスポーツ実施の取り組みを進めるにはどうすればよいのかについて意見交換を行った。最後のまとめで、山口代表世話人は、「会社でのスポーツ実施率を高めるにはコーディネート役を行う社員が不可欠であり、スポーツのチカラを活用して神戸の社員の活力アップに繋げてほしい」と締めくくった。

参加者交流会には、尾山副会頭をはじめ64名が参加。スポーツ産業に関心の高い企業間で活発な意見交換が行われた。