神戸商工会議所

神戸商工会議所

事業&イベント報告
PAST INFORMATION

CATEGORY

2022年9月11日 第3回有馬-六甲Virtual Ride Race2022

神戸の自然資源を生かしたサイクルツーリズムを促進するため、2年前から開催し好評を博しているバーチャルサイクリングイベント「有馬-六甲Virtual Ride Race」。第3回目となる今回は、芦有ドライブウェイで初めて行われるリアル登坂サイクルレース「六甲有馬ヒルクライムフェスタ」と連動し、賑わいイベントの一環として開催しました。

日時

2022年9月11日(日)10:30~17:00

場所

有馬川親水公園ステージ(神戸市北区有馬町)

内容

1 .WahooRGTレース(10:30~11:20)
・関西のトップヒルクライマー4名による本格的なバーチャルヒルクライムサイクルロードレース
会場順位:
3位 板子 佑士 選手(soleil de l’est所属)
6位 森本 誠 選手(GOKISO所属)
7位 兼松 大和 選手(Infinity Style所属)
-位 佐野 歩 選手(Infinity Style所属)
2. WahooRGT企業対抗戦(13:00~13:10)
・在神企業7社4チームによる企業対抗のバーチャルサイクルミニレース
レース結果:
1位「日本たばこ産業(株)兵庫支社・(株)小泉ビジネスソリューションズ チーム」
2位「第一生命保険(株)チーム」
3位「(株)アシックス・神戸商工会議所チーム」
4位「(株)JTB神戸支店・賀川グラフィックデザイン事務所チーム」
3. WahooRGTエキシビションマッチ(13:40~14:00)
・eスポーツ選手など、計4チームによるバーチャルサイクルスプリントレース
4. Wahooスマートトレーナー体験コーナー(16:00~17:00)
・WahooFitness社のスマートサイクルトレーナーを開放し、第1部で使用の
ヒルクライムコース走行体験を提供

2021/07/26

2021年7月22日 有馬-六甲Virtual Ride Race 2021

◆イベントフォトレポート
http://tourde.arima-onsen.com/?p=408
◆アーカイブ配信
https://www.youtube.com/watch?v=DmCpz1v6TgM

日 時

2021年7月22日(木・祝)11:00~16:00

場 所

メイン会場:有馬温泉サイクルツーリズム拠点「CASA CICLISMO」
サテライト会場(ライブビューイング・遠隔参加・ROUVY体験コーナー):eスポーツ体験施設「eSPARKLe KOBE(エスパークル神戸)」

内 容

1.フィジカルe スポーツエキシビジョンレース(11:00~11:45)
2.企業対抗エキシビジョンレース(13:00~14:30)
3.有馬六甲ヴァーチャルライドメインレース(15:00~16:15)
【同時開催】有馬六甲ヒルクライムe-bike体験ツアー(12:30~14:30)

1.フィジカルe スポーツエキシビジョンレース
他のゲームタイトルで活躍するe スポーツプレイヤーを招待して対戦を行います。eスポーツプレイヤーも体力が大変重要になってきます。最もフィジカルの強いe スポーツプレイヤーは誰か?日頃の体力づくりが試されます。参加プレイヤーはメイン会場から4 名、サテライト会場から1 名、合計5 名での戦いとなります。有馬温泉を出発し、ゴールはスプリットゲートであるハニー坂を上り切った8km地点を目指し、30 分でゴールもしくはよりゴールに近かったプレイヤーが勝者となります。

2.企業対抗エキシビジョンレース
神戸で活躍する企業戦士達、体力だけでなく企業内のコミュニケーション、連携が重要なシーンは多々あります。3人一組で山頂を目指す本レースでは、チーム力を遺憾なく発揮頂ける事でしょう。各チームのライダーは1回ずつライドを行います。スイッチのタイミングは各チームの采配に委ねられます。スイッチ時のKICKR BIKE のポジション変更等もタイムに含まれる為、より効率的なスイッチングも要求されます。参加ライダーはメイン会場から4組、サテライト会場から1組、計5組での戦いとなります。

3.有馬六甲ヴァーチャルライドメインレース
6月16日0時~23日24時にかけて行われる予選タイムトライアル(Qualification Time Trial Race)で最良の成績を収めたライダーとゲストライダー達合計4名での決勝レースを行います。この4名の内、最初にゴールゲートを潜り抜けたライダーが優勝者となります。

4.有馬六甲ヒルクライムe-bike体験ツアー
有馬温泉から六甲山にかけてのヒルクライムコースをe-bike(電動スポーツ自転車)で体験するツアー。経験豊富なガイドが、安全で楽しめるヒルクライム体験をご提供します。

主催等

【主催】有馬-六甲 Virtual Ride Race 実行委員会
(一社)有馬温泉観光協会青年部/トレスコルヴォス有馬/西尾レントオール㈱/㈱ジーベック/NTT西日本/eSPARKLe KOBE/神戸商工会議所 神戸スポーツ産業懇話会
【協賛】㈱啓文社
【協力】Wahoo Fitness Japan㈱/ROUVY/サンボルト㈱/兵庫県eスポーツ連合/㈱モンベル

2021/07/14

2021年7月2日-3日 第37回六甲クイーンズオープントーナメント【協力事業】


7/2(金)・7/3(土)に「神戸六甲ボウル」にて、女子プロボウラーによる『第37回六甲クイーンズオープントーナメント』が開催されました。
プロ85名、アマ10名の計95選手が熱戦を繰り広げ、激闘の末、今年プロテストに合格した17歳の現役女子高生中島瑞葵選手が優勝しました。
優勝決定戦は手に汗握る展開となり、小池選手は前戦3位決定戦の勢いをそのままに、第5~7フレームでターキーを決めて優勝を手にしたかに思えましたが、優勝決定戦の緊張からか終盤で失速し、一方の中島選手が土壇場の第9フレームからターキーを決めて大逆転し、203対194とわずか9ピン差で優勝を手にしました。
中島選手は初のレギュラーシーズンの出場で、今大会の制覇となりました。
なお、ベストアマには総合17位と奮闘した神戸六甲ボウルから出場の石田万音(まのん)選手が選ばれました。
このところスポーツ界では若手の台頭が目覚ましいですが、ボウリングでも若手選手が注目を集めそうです。
■試合の様子はYouTubeで配信されていますので、ぜひご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=UVKFCyJHWlo
■試合結果は下記よりご覧いただけます。
https://www.jpba.or.jp/information/tournament/tournament2021/07_Rokko/Rokko_2021.html
また後日、スカイAで大会の模様が放映されます。

日 程

2021年7月2日(金)~7月3日(土)

会 場

神戸六甲ボウル

主 催

株式会社サザンモール六甲

後 援

神戸市 / 神戸市教育委員会 / 神戸市灘区役所 / 公益財団法人神戸市スポーツ協会 / 神戸商工会議所 / 神戸新聞社 / デイリースポーツ / 株式会社ラジオ関西 / 株式会社サンテレビジョン

協 力

神戸商工会議所 神戸スポーツ産業懇話会

【表彰式】左より中島瑞葵プロ(優勝)、小池沙紀プロ(2位)、キム・ソヒョンプロ(3位)、本間由佳梨プロ(4位)、石田万音選手(総合第17位、ベストアマ受賞)