神戸商工会議所

神戸商工会議所

事業&イベント報告
PAST INFORMATION

CATEGORY

2021/07/14

2021年7月2日-3日 第37回六甲クイーンズオープントーナメント【協力事業】


7/2(金)・7/3(土)に「神戸六甲ボウル」にて、女子プロボウラーによる『第37回六甲クイーンズオープントーナメント』が開催されました。
プロ85名、アマ10名の計95選手が熱戦を繰り広げ、激闘の末、今年プロテストに合格した17歳の現役女子高生中島瑞葵選手が優勝しました。
優勝決定戦は手に汗握る展開となり、小池選手は前戦3位決定戦の勢いをそのままに、第5~7フレームでターキーを決めて優勝を手にしたかに思えましたが、優勝決定戦の緊張からか終盤で失速し、一方の中島選手が土壇場の第9フレームからターキーを決めて大逆転し、203対194とわずか9ピン差で優勝を手にしました。
中島選手は初のレギュラーシーズンの出場で、今大会の制覇となりました。
なお、ベストアマには総合17位と奮闘した神戸六甲ボウルから出場の石田万音(まのん)選手が選ばれました。
このところスポーツ界では若手の台頭が目覚ましいですが、ボウリングでも若手選手が注目を集めそうです。
■試合の様子はYouTubeで配信されていますので、ぜひご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=UVKFCyJHWlo
■試合結果は下記よりご覧いただけます。
https://www.jpba.or.jp/information/tournament/tournament2021/07_Rokko/Rokko_2021.html
また後日、スカイAで大会の模様が放映されます。

日 程

2021年7月2日(金)~7月3日(土)

会 場

神戸六甲ボウル

主 催

株式会社サザンモール六甲

後 援

神戸市 / 神戸市教育委員会 / 神戸市灘区役所 / 公益財団法人神戸市スポーツ協会 / 神戸商工会議所 / 神戸新聞社 / デイリースポーツ / 株式会社ラジオ関西 / 株式会社サンテレビジョン

協 力

神戸商工会議所 神戸スポーツ産業懇話会

【表彰式】左より中島瑞葵プロ(優勝)、小池沙紀プロ(2位)、キム・ソヒョンプロ(3位)、本間由佳梨プロ(4位)、石田万音選手(総合第17位、ベストアマ受賞)

2020/07/28

2020年7月26日 有馬‐六甲Virtual Ride Race

屋内サイクリングアプリ『Rouvy』を活用したヴァーチャルサイクリングイベント「有馬‐六甲Virtual Ride Race」を開催しました。
レースの様子はYoutubeで配信しておりますので、ぜひご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=3LN4PkOl-Qk

日 時

2020年7月26日(日)13:00~16:00

場 所

BAR DE GOZAR

内 容

屋内サイクリングアプリ「Rouvy」を活用したヴァーチャルサイクリングイベント
(1)フィジカルeスポーツ エキシビジョンレース(13:00~14:00)
・eスポーツプレイヤー4名によるレースを実施、終了後表彰式を実施
(2)有馬発‐六甲山頂ヴァーチャルヒルクライムレース(14:00~16:00)
・プロサイクリスト等4名&オンラインプレイヤーによるレース実施、終了後表彰式を実施
・RouvyのAR Routeとして日本初のコース「有馬温泉-六甲山頂ルート」(約14km)を走行

参加者

(1)フィジカルeスポーツ エキシビジョンレース(13:00~14:00):4名
(2)有馬発‐六甲山頂ヴァーチャルヒルクライムレース(14:00~16:00):109名(うち海外参加者59名)

雨天のため会場は関西初eスポーツバー「BAR DE GOZAR」で開催

飛沫防止フィルム等でコロナ対策を万全に

エキシビジョンレースで4名のeスポーツプレイヤーが奮闘

バーチャルライドレース風景

音響・配信ブースの様子

レース参加者にWahooタオルをプレゼント

2020/02/25

2020年2月24日 神戸ゆかりの「毎日登山」体験ハイキング

企業にお勤めの方を対象に、毎日登山の歴史に関するレクチャーの後、実際に「新神戸~再度山」コースをハイキングする企画を開催しました。二度の雨天延期に見舞われましたが、当日は好天に恵まれ、六甲山の魅力を体感しながら、約3時間のハイキングを楽しみました。

日 時

2020年2月24日(月)9:00~12:15

集合場所

ANAクラウンプラザホテル神戸9F「メリッサ」

コース

新神戸→布引の滝→市ケ原→再度公園→再度山大龍寺(毎日登山発祥の地 記念碑で写真撮影)→燈籠茶屋で解散
※コースの概要については、【案内チラシ】2ページ目ご参照。

ガイド

株式会社神戸新聞社 編集局運動部長 陳 友昱 氏

参加者

14名

ガイドの神戸新聞社 陳運動部長よりレクチャー

布引の滝に向けて急な階段が続く

見はらし台からの景色

登山道を歩く参加者

毎日登山発祥の地 記念碑前で記念撮影

燈籠茶屋で解散