神戸商工会議所

神戸商工会議所

事業&イベント報告
PAST INFORMATION

CATEGORY

2019/12/18

2019年12月17日 第16回例会「にわか」でもいいじゃないか!スポーツファンの集客企画について考える

第16回例会ではスポーツファンの特性や、集客企画について考える機会としました。

テーマ

「にわか」でもいいじゃないか!スポーツファンの集客企画について考える

日 時

2019年12月17日(火)16:00~18:00

場 所

神戸商工会議所3階「第3会議室」

内 容

1.スポーツファンの特性について考える
関西学院大学 人間福祉学部 教授 林 直也 氏
2.現場での実践例から考える
西宮ストークス(㈱兵庫プロバスケットボールクラブ)
取締役企画広報部長 武田 隼 氏
3.学生取り組む集客企画プレゼンテーション
関西学院大学 林ゼミ/神戸学院大学 柳ゼミ

参加者

50名

【関西学院大学 林教授】ラグビーワールドカップで話題となった「にわかファン」について解説。様々なスポーツファンの特性を分析し、各チームの濃いファンを増やすためには、「にわかファン」を増やし、みんなで盛り上げる必要があると説明した。

【㈱兵庫プロバスケットボールクラブ 武田取締役】西宮ストークスの集客企画について説明。クラブ運営において集客を伸ばすことが重要とした上で、シーズンシートの販売や大学生が考案したレディースデイの実施など様々な取り組みを紹介した。

2019/11/22

2019年11月21日 第15回例会 スポーツにおける食の重要性と情報発信の必要性~現場が求める正しい情報を発信するために~

第15回例会ではスポーツにおける食の重要性と正確な情報発信の必要性について考える機会としました。

テーマ

スポーツにおける食の重要性と情報発信の必要性
~現場が求める正しい情報を発信するために~

日時

2019年11月21日(木)16:00~18:00

場所

神戸商工会議所3階「役員会議室」

内容

事例発表:現場が求める正しい食(栄養摂取)の情報について~それぞれの立場から
1.「専門家」の立場から
神戸女子大学 健康福祉学部 准教授 坂元 美子 氏
2.「元スポーツ選手・現スポーツチームスタッフ」の立場から
㈱アイナックコーポレーション 事業本部 竹村 美咲 氏
3.「企業」の立場から
㈱ノイカ 執行役員 営業本部長 乾條 卓也 氏
4.「指導者」の立場から
ウィーグットスポーツクラブ・ウィーグット個別指導塾 代表 宮地 亮太 氏

参加者

24名

【神戸女子大学 坂元准教授】専門家の立場から、スポーツ選手に必要な栄養摂取について説明した。思春期のアスリートが陥りやすい栄養不足問題や、必要なエネルギー摂取量、食事について解説。また、サプリメントの利用に関しては、まずは食事から必要な栄養を摂取することが重要であり、不足する栄養素だけを安心できるサプリメントで補うべきと話した。

【㈱アイナックコーポレーション 竹村氏】元サッカー選手として自身の経歴や、実際にスポンサー企業から提供された栄養食品や製品を紹介。選手が正しくその商品を理解し、PRすることでスポンサー企業のメリットにもつながり、好循環が生まれると述べた。

【㈱ノイカ 乾條執行役員】サプリメント業界について、誇大広告や、誤情報の氾濫により、消費者に混乱が生じている現状を説明。企業の立場から、利益追求の難しさを語った。最後に㈱ノイカと坂元准教授が共同開発した成長期の体づくりをサポートするプロテインを紹介した。

【ウィーグッドスポーツクラブ・ウィーグット個別指導塾 宮地代表】成長期の子供にとっての食事の重要性を説明。自身が経営するサッカースクール、学習塾では、地元のお店にオリジナルの弁当を作ってもらい子供たちに栄養のある食事を提供していると紹介した。

2019/07/17

2019年7月16日 第14回例会「eスポーツを活用した地域イノベーション」~「eスポーツ」×「ビジネス」の可能性~

第14回例会では、関心の高まるeスポーツへのビジネスとしての関わり方について考察しました。

テーマ

eスポーツを活用した地域イノベーション
~「eスポーツ」×「ビジネス」の可能性~

日 時

2019年7月16日(火)16:00~18:00

場 所

神戸商工会議所3階「第3会議室」

内 容

1.企業PR
①第2回企業交流リレーマラソンin KOBE
ヤノ運動用品㈱ 代表取締役 矢野 克幸 氏
②レンタル映像機器のPR
西尾レントオール㈱ ビジュアル営業所 本多 将人 氏
2.趣旨説明
流通科学大学 人間社会学部 准教授 山口 志郎 氏
3.「eスポーツの現状と今後の展望について」
eスポーツコミュニケーションズ(同)代表執行役社長 筧 誠一郎 氏
4.「esports×有馬温泉:老舗温泉郷の老舗旅館がesportsと関わる展開の先に見るもの」
㈱御所坊 専務取締役 金井 庸泰 氏
5 ディスカッション(質疑応答)

参加者

57名

【流通科学大学 山口准教授】
eスポーツについて、近年では国体の文化プログラムにも採用されるなど、注目が高まっていると説明。また、自身が行ったeスポーツに対する意識調査の結果や企業が関わる際のマーケティング領域を紹介し、「様々な企業にとってビジネスチャンスとなる可能性を秘めており、例会を通じて自社の関わり方について考えるきっかけとしてほしい」と呼びかけた。

【eスポーツコミュニケーションズ(同) 筧社長】世界でのeスポーツの競技人口は2憶人と推定されており、6万人の動員数を集める大規模な大会やイベントが開催されるなど、世界における最新動向を紹介した。また、「日本国内の市場も拡大を続けており、多様な企業がeスポーツ業界に参入しているので、ビジネスとしての可能性は十分にある」と強調した。

【㈱御所坊 金井専務】自身の経営するeスポーツ観戦バーや、eスポーツチームでの活動内容を紹介し、有馬の活性化につなげたいと話した。また、今後は「海外と同じことをするのではなく、日本独自のeスポーツを開拓し、国内外からも人を呼び込みたい」と語った。