神戸商工会議所

神戸商工会議所

事業&イベント報告
PAST INFORMATION

CATEGORY

2019/05/29

2019 年5月28日 第13回例会「障がい者スポーツへの関わり方と今後の可能性」

第13回例会ではニチイ学館ポートアイランドセンターを会場に、障がい者スポーツへの関わり方と今後の可能性について考察しました。

テーマ

「障がい者スポーツへの関わり方と今後の可能性」

日時

2019年5月28日(火)16:00~19:15

場所

ニチイ学館 神戸ポートアイランドセンター

内容

1.2021年世界パラ陸上競技選手権大会 神戸開催について 
神戸市市民参画推進局 スポーツ振興部 国際スポーツ室
室長 脇 郁博 氏
2.「神戸と障がい者スポーツの関わり」
神戸スポーツ産業懇話会 代表世話人 山口 泰雄 氏
3.施設見学:ニチイ学館神戸ポートアイランドセンター
4.エクササイズ体験
大阪国際大学 人間科学部 教授 高見 彰 氏
(神戸スポーツ産業懇話会 世話人)
5.事例発表
①「障がい者スポーツ合宿における神戸ポートアイランドセンターの特徴について」
㈱ニチイ学館 神戸ポートアイランドセンター センター長 毛利 晴一 氏
②「兵庫県障害者スポーツ協会の取り組み」
(公財)兵庫県障害者スポーツ協会 障害者スポーツ推進専門員 増田 和茂
6.参加者交流会

参加者

40名

【神戸市市民参画推進局 脇室長】東アジア初の世界パラ陸上大会が、2021年に神戸で開催されることを紹介。「大会の成功には地元企業や関係団体からの支援が必要不可欠なので、ぜひ協力をお願いしたい」と呼びかけた。

【山口代表世話人】神戸は過去に障がい者スポーツの大会が多く開催され、しあわせの村などの施設も充実しており、障がい者スポーツとの関わりが強いと説明。「障がい者スポーツの先進地として神戸をどのような街にすべきか、この例会を機に企業とも連携して考えていければ」と話した。

【施設見学】ニチイ学館ポートアイランドセンターのバリアフリー設計の宿泊施設や体育館を見学。レストランや体育館は地域の方々にも利用されていると説明があった。

【大阪国際大学 高見教授】初めて例会の中でエクササイズ体験を実施。三枚のスカーフを使用し、オフィスでも簡単にできる「ムービングスカーフ」を体験した。参加者からは「大勢で体を動かすことが楽しかった、次回からもエクササイズ体験を取り入れてほしい」と大変好評であった。

【ニチイ学館 毛利センター長】ポートアイランドセンターが全面バリアフリー設計になっていることから、多数の障がい者スポーツ合宿を受け入れていることを紹介。「2020年東京パラリンピックのオーストラリア選手団の合宿地にも選定されており、今後も受け入れに協力していきたい」と語った。

【兵庫県障害者スポーツ協会 増田氏】協会が取り組む障がい者スポーツ大会や選手育成について紹介。また、日本には障がい者スポーツの選手が少ないことが現状の課題であることを紹介し、「企業、大学、団体等が連携し、障がい者スポーツの普及や選手育成についてもっと取り組んでいく必要がある」と強調した。

2019/03/25

2019年3月20日 第12回例会 「10秒の壁に挑戦し続けた4年間、そしてここから」

第12回例会では、関西学院大学・陸上短距離の多田修平選手をお迎えし、林直也コーチとともにこの4年間を振り返っていただくとともに、今後について語っていただきました。

テーマ

「10秒の壁に挑戦し続けた4年間、そしてここから」

日 時

2019年3月20日(水)16:00~18:30

場 所

アリストンホテル神戸2F「バレンシア」

内 容

1.企業PR
「スポーツイベントに係るレンタルのご紹介」
西尾レントオール㈱ RA神戸営業所 所長 小林 克哉 氏
西尾レントオール㈱ RA神戸営業所 営業 梶原 宗雄 氏
2.事例発表
「10秒の壁に挑戦し続けた4年間、そしてここから」
関西学院大学 人間福祉学部 教授 林  直也 氏(神戸スポーツ産業懇話会 世話人)
関西学院大学 法学部4年     多田 修平 氏
3.参加者交流会

今回の司会進行は神戸スポーツ産業懇話会の世話人で、兵庫県立大学経済学部の伊藤克広准教授が担当。

【関西学院大学 林教授】多田選手の入学時の印象やこれまで出場したレース、ナショナルチームや海外合宿での経験について、動画を交えながらこの4年間を振り返り、「誰よりも練習し、誰よりもレースに出場し、誰よりもケガの少ない4年間を過ごしてくれ、コーチとしても良い経験をさせてくれた。東京オリンピックに向けて、更なる活躍を願っている」と期待を込めて語った。

【関西学院大学 多田選手】関西学院大学で過ごしたこの4年間について、「良いことも悪いこともたくさんあったが、特に2017年は国内で良い記録を残すとともに、世界陸上でメダルを獲得することもできたので、印象深い」と振り返った。今後については、「まずは2019世界陸上に出場し、最低でも9秒台を出したい。そして2020東京オリンピックに出場し、個人でメダルを目指したい」と力強く意気込みを述べた。

2019/02/15

2019年2月12日 第11回例会 「食」×「スポーツ」

第11回例会では、「食」×「スポーツ」に関連する3件の事例発表を通じて、ゴールデン・スポーツイヤーズに向けて、選手や観戦・観光客に対して、どのように食を提供していけるのかを考える機会としました。

テーマ

「食」×「スポーツ」
~ゴールデン・スポーツイヤーズに向けて、選手・観客に向けた食の提供を考える~

日 時

2019年2月12日(火)16:00~18:00

場 所

神戸商工会議所3階「役員会議室」

内 容

1.「する人・見る人への勝負メシ」
神戸女子大学 健康福祉学部 准教授 坂元 美子 氏(神戸スポーツ産業懇話会 世話人)
2.「委託給食会社としてのスポーツとの関わり」
エームサービス㈱ 公認スポーツ栄養士・管理栄養士 岩屋 佳代 様
3.「兵庫県で捕獲される野生鹿の利活用」
㈱メリケンヘッドクォーターズ 代表取締役 入舩 郁也 氏

【神戸女子大学 坂元准教授】アスリート向けの食事のとり方や内容、食べるタイミング等を説明し、「スポーツをする人だけでなく、見る人にも食の重要性を理解してもらい、実践することで、全力での応援へと繋げてほしい」と強調した。

【エームサービス 岩屋氏】プロスポーツチームやトレーニング施設での栄養指導の実績を紹介し、「国際大会の開催を控え、今後も需要が伸びてくることが想定されるので、引き続きアスリートサポートに取り組んでいきたい」と話した。

【メリケンヘッドクォーターズ 入舩氏】「鹿肉は牛肉と比較してカロリーや脂質が低く、鉄分が多く含まれているため、アスリート向けの食材として適している」と紹介し、今後一般の方も含めてもっと流通を広げていきたいと語った。